不足する人材-いま介護業界が抱える問題とは

介護職の人材不足を救う

人材不足に悩む介護従事者さんへ当サイト管理人も長く介護の世界で仕事をしてきました。そして仕事を通して様々な経験を積んだり自分なりに勉強をしてきたりしました。そうするなかで介護を取り巻く社会の状況に危機感を感じ、当サイトを開設するに至っています。なお当サイトに対してご要望や質問がありましたらこちらまでご連絡願います。

高齢化社会を救う介護職

高齢化社会を救う介護職
LINEで送る
Pocket

日本社会における介護職の重要性

今日本社会は1人でも多くの優秀な介護職を求めています。多くの方がご存知なように、日本社会の少子高齢化は止まることを知らず、平均寿命も長いことから介護職の人材不足が大きな問題となってきました。現状でもすでに介護職の不足によって十分なサービス提供ができているとは言えません。しかしそうであるにも関わらず、今後も高齢者の増加が間違いなく続くことから介護に関する需要の増加が予想されています。
そこで高齢者の介護を介護職ではなくその家族が行うようにするというのは1つの方法かもしれません。昔は家族が介護をすることが当たり前だったので、中には介護は家族がするものであると思っている人もいるかもしれません。しかし実際問題として介護が大きな負担になることは多く、介護離職によって人生を破壊されしまう若年層や中年層が増えているという問題もあります。
また、少子化のために自分を介護してくれる若い家族はいないという方も多く、家族の介護に頼れない、あるいは頼れても老老介護や認認介護などの問題を生じさせてしまう場合が多いのです。
このような事情から介護職の人員の増加は日本社会にとってとても重要なテーマと言えるのです。

多様な介護職の仕事環境

現在介護の仕事をする方を取り巻く環境は大きな変化が進んでいます。これまで介護の仕事と言えば施設か訪問先の相手の自宅で高齢者の身の回りの世話を行うというようなイメージが先行していたのではないでしょうか。しかし現在介護職の方が携わる場所は多岐にわたっており、このようなイメージは正しいとは言えません。
例えば実際に介護サービスを提供する方の他に、介護のためのケアプランを作成する方や介護の問題に悩む人のための相談員の仕事なども存在します。また今後は介護と医療の連携や、身体機能の回復なども重要なテーマとなってきており、そうしたテーマに関わる仕事も求められているのです。
そのため介護の仕事をする人の絶対数が増えれば良いというだけではなく、多様な人材に参加してもらう必要もあるのです。

これからの介護職の展望

上記のような現状を踏まえ、介護職の方のキャリアパスを支援するような制度が整備されてきました。優秀な介護職の方を増やすため、研修制度にはすでに見直しが行われています。今後もこのような傾向が続くでしょう。
このサイトではこのように変化が進む介護業界の情報をお届けし、一人でも多くの優秀な介護職の人材を生み出すことに貢献することを目的としています。

サイト管理人の連絡先

なお当サイトに関するご意見、ご要望、ご質問などはこちらまでお寄せ願います。

注目される介護業界の試み

深刻な少子高齢化問題
注目されるシニア雇用

少子高齢化による問題の1つは労働力の不足です。現在この問題を補うために企業による定年の延長など様々な試みが行われています。実際に成果も上がってきていますが、より高齢者ならではの価値を発揮してもらうことが今後の課題と言えます。

記事を見る